メールワイズ 5 バージョン5.1.0における改修内容

今回追加された機能

全般
  • お知らせの変更画面で、書式編集機能が利用できる。
  • メールの検索画面で使用した検索条件を再利用して検索できる。
システム設定
  • メールアプリケーションを別のメールスペースに移動できる。
  • メールアカウントの設定で、「楽天あんしんメルアドサービス」を併用する設定ができる。
  • 「確認者」に設定されたユーザーに、メール通知を送信する。
個人設定
  • 表示の設定画面に、画面のデザインの「クラシック」「レザー」「クロス」を追加。
メールアプリケーション
  • メールの検索条件で、「キーワード検索」を選択できる。
  • 受信メールの一覧画面で、受信日時を表示するように設定できる。
  • メールの一覧画面に、メール情報やメール本文の一部を表示するかどうか選択できる。
  • メールの一覧画面を表示したまま、メール情報の変更やメールの削除を行える。
  • メール情報の一括設定画面に、コメント項目を追加。

今回変更された仕様

全般
  • 個人設定のユーザー情報で設定した画像を、ヘッダーのユーザー名の横に表示するように変更。
メールアプリケーション
  • HTMLメールの埋め込みコンテンツを、添付ファイルとして表示し、ダウンロードできるように変更。

今回改修された不具合

全般
  • [Internet Explorerの現象]エラー画面でヘッダーのロゴをクリックすると、HTTPエラーが発生する。
  • [Internet Explorer 7の現象]お知らせ欄の開閉ボタンに「▼」が表示されない。
  • 共有リンク集のドロップダウンリストの表示が不正になる場合がある。
インストーラー
  • [Linux版の現象]英語表示モードで「インストールの終了の確認」画面に表示される試用許諾誓約書のパスが、日本語版の試用許諾誓約書へのパスになっている。
システム設定
  • IMAPサーバーのメールアカウントの追加で、アカウント名やパスワード誤りの場合に発生するエラーが不正。
  • サーバーOS名が途中で切れて表示される。
メールアプリケーション
  • 受信メールの添付ファイル名が正しく表示されない場合がある。
  • 担当メール一覧の区切り線の表示が不正。
  • 「日時」「日付,時刻」「返信日時」を出力すると、書き出したメールデータのCSVファイルで項目名と内容が正しくない。
  • 「返信日,返信時刻」を出力すると、書き出したメールデータのCSVファイルで項目名が「返信日時」となり、項目名と内容がずれる場合がある。
  • 返信を行ったことがある受信メールの「返信日,返信時刻」を出力すると、書き出したメールデータのCSVファイルで内容が空欄となる。
  • 「スレッドの修復」画面でフォルダからメールの種類を絞り込むと「メール一覧」画面に遷移し、スレッドが修正できない。