メールワイズ 5 バージョン5.4.0における改修内容

今回改修された不具合

全般
  • 同一のメールアドレスが存在するメールスペース間で、移動元のメールアドレスを削除したあとにメールアプリケーションを移動すると、顧客の履歴情報が不正になる場合がある。[詳細]
  • メールアプリケーションを移動する際、移動先のメールスペースに顧客ID(cid)が同じ顧客が存在すると、「メールの詳細」画面でメールと顧客の紐付けが不正になる場合がある。[詳細]
  • [Internet Explorer 11の現象]書式編集で、リンクを挿入できない場合がある。[詳細]
  • 退避された過去データで、電話履歴、訪問履歴、および一斉配信の詳細画面でコメント欄が表示されない。[詳細]
システム設定
  • メールアカウント、またはパスワードに記号が含まれていると、IMAP4サーバーにメールアカウントを追加できない場合がある。[詳細]
メールアプリケーション
  • HTMLパートしかないメールを受信した場合、HTMLファイルを正常にダウンロードできない。[詳細]
  • 送信メールをインポートする際、BCCの内容がインポートされない。[詳細]
  • 本文に予約語を含むテンプレートを挿入する際、予約語が変換されない場合がある。[詳細]
  • 添付ファイルのContent-Typeにmultipartの文字列が含まれていると、添付ファイルをダウンロードできない。[詳細]
  • [Internet Explorer 11の現象]「書式編集」を選択して入力欄の2行目以降をクリックすると、カーソルが消えて文字を入力できなくなる。[詳細]
  • テンプレートの自動選択で「返信時の自動選択条件」を追加する際、[一覧から選択する]をクリックするとエラーが発生しテンプレートを選択できない。[詳細]
  • バージョンアップする前にごみ箱に移動したメールの詳細画面を表示すると、22223エラーが発生する場合がある。[詳細]
  • メールの自動受信時に、受信メールサーバーにメールが残っている旨のメッセージが表示されない。[詳細]
アドレス帳
  • 会社直下や部課に所属する顧客を「よみ」順に並び替えられない。[詳細]
集計レポート
  • 集計レポートで、メールアプリケーションの担当者別の件数を集計すると、Internal Server Errorが発生する場合がある。[詳細]