メールワイズ by サイボウズ

Package Priceパッケージ版費用

パッケージ版 メールワイズ 販売・サポート終了いたします。
詳しくはこちらをご確認ください。

パッケージ版とは

パッケージ版「メールワイズ 5」は、ライセンスをご購入いただき、ご自身のサーバーにプログラムをインストールしてご利用いただきます。バージョンアップやバックアップなどのサーバー管理やメンテナンスは、お客様自身で行います。社内のセキュリティに制限がある方でも導入可能です。

セキュリティの制限

社内のセキュリティ関係でデータを外部に出せない方におすすめです。

自由な運用管理

サーバー管理やメンテナンスは自由に運用管理することができます。

ライセンス購入

1年ごとにご利用料金をお支払いただく年間ライセンス体系です。

ライセンス体系

ライセンス体系の一覧表

新規で契約される方
  • 新規ライセンス

    はじめて「メールワイズ 5」をご契約する方に必要なライセンスです。
    2020年9月30日をもって販売終了いたしました。

現在ご契約中の方
  • 継続ライセンス

    2年目以降も継続してご利用する場合に必要なライセンスです。
    2025年1月31日までの販売となります。
    ※ 複数年パックは、2020年9月30日をもって販売終了いたしました。

  • 再契約ライセンス

    ライセンス有効期限終了後 31 日以上経過して、再度ご利用いただく場合に必要なライセンスです。
    2025年1月31日までの販売となります。

  • 追加ライセンス

    ユーザー数などを変更される場合に必要なライセンスです。
    2025年1月31日までの販売となります。

  • バージョンアップライセンス

    「メールワイズ 3」以前の製品からバージョンアップする場合にご契約いただくライセンスです。
    2020年9月30日をもって販売終了いたしました。

2026年1月30日でパッケージ版 メールワイズ のサポート終了となります。

継続ライセンス

2年目以降も利用する場合は、継続ライセンスが必要になります。
ライセンス有効期限の3ヶ月前から、ライセンス有効期間終了後30日以内に購入できます。

ユーザー数 1年
5ユーザー版 ¥59,600
10ユーザー版 ¥79,600
15ユーザー版 ¥99,600
30ユーザー版 ¥129,600
50ユーザー版 ¥169,600
無制限版 ¥196,000

表示価格に消費税は含みません。

複数年パックご契約中にユーザー数を追加した場合

継続ライセンス複数年パック有効期間中にユーザー数を追加する場合は、追加ユーザーライセンスと残年数(ユーザー数を追加した年を除く)分の継続ライセンスの差額をご購入いただく必要があります。

お客様のご契約内容によっては、必要となるライセンスが上記内容と異なる場合があります。詳しくはユーザー数上限についてご確認ください。

複数年パックのイメージ

継続ライセンスのお見積り・ご発注される方へ

「メールワイズ 5」の継続ライセンスは以下からお見積もり、ご発注ください。

再契約ライセンス

「メールワイズ 5」のライセンス有効期間が終了した方

「メールワイズ 5」のライセンス有効期間終了後に再度ご利用する場合は再契約ライセンスが必要になります。ライセンス有効期間終了後 31 日以降経過して、再度ご利用するお客様が購入いただけます。

ユーザー数 価格 / 年
5ユーザー版 ¥208,600
10ユーザー版 ¥278,600
15ユーザー版 ¥348,600
30ユーザー版 ¥453,600
50ユーザー版 ¥593,600
無制限版 ¥686,000
  • 表示価格に消費税は含みません。

再契約ライセンスのお見積り・ご発注される方へ

「メールワイズ 5」の再契約ライセンスは以下からお見積もり、ご発注ください。

追加ライセンス

ユーザー数を追加する場合

ご利用期間中にユーザー数を変更する場合は追加ユーザーライセンスが必要になります。

現在のユーザー数 追加後のユーザー数
10ユーザー 15ユーザー 30ユーザー 50ユーザー 無制限
5ユーザー版 ¥100,000 ¥200,000 ¥350,000 ¥550,000 ¥682,000
10ユーザー版 - ¥100,000 ¥250,000 ¥450,000 ¥582,000
15ユーザー版 - - ¥150,000 ¥350,000 ¥482,000
30ユーザー版 - - - ¥200,000 ¥332,000
50ユーザー版 - - - - ¥132,000

表示価格に消費税は含みません。

年度の途中でユーザー数を追加する場合は、追加ユーザーライセンスが必要になります。次年度以降は、追加したユーザー数も含めて合計のユーザー数で継続ライセンスをご購入いただく必要があります。

年度の途中で、ユーザー数を追加する場合は、追加ユーザーライセンスや継続ライセンスの差額が必要になります。

お客様のご契約内容によっては、必要となるライセンスが上記内容と異なる場合があります。詳しくはユーザー数上限についてご確認ください。

追加ユーザーライセンスのイメージ

「メールアプリケーション」を追加する場合

ユーザー数に関わらず、「メールアプリケーション」を5個ずつ(1セット)追加できます。追加されるには100,000円(税抜)が必要となります。最大追加4セットまでご購入いただけます。

「メールアプリケーション」 価格
5個 ¥100,000
5個 × 2 ¥200,000
5個 × 3 ¥300,000
5個 × 4 ¥400,000
  • 表示価格に消費税は含みません。
  • ライセンス名称は「サイボウズ メールワイズ 5 追加メールスペースライセンス」と呼びます。
通常契約と最大契約のイメージ

通常契約ではメールアプリケーション5個、その他機能を1個ずつ利用できます。最大契約した場合、メールアプリケーションの数は最大5個×5、他の機能も最大5個ずつ利用可能です。
メールアプリケーションなど5個以上で利用する場合、追加ライセンスを購入いただく必要があります。

追加ライセンスのお見積り・ご発注される方へ

「メールワイズ 5」の追加ライセンスは以下からお見積もり、ご発注ください。

ライセンス注意事項

ライセンスとはソフトウェアを1台のハードウェアにインストールしてご使用いただける権利です。製品の性質上、譲渡や貸与はできません。またライセンスはソフトウェア一式を1台のハードウェアで運用する個数で数えます。

  • ライセンスは購入されたお客様のみが有する権利です。したがって、購入者以外の第三者が使用することはできません。
  • 購入した会社が別の会社にサービスとして提供することは弊社公認パートナー以外は行えません。
1台のサーバーで「メールワイズ」を1つ運用 1ライセンス
1台のサーバーで「メールワイズ」を2つ運用 2ライセンス
2台のサーバーで「メールワイズ」を1つずつ運用 2ライセンス
Aサーバーで使用した「メールワイズ」をBサーバーに移行して運用 1ライセンス

登録ユーザー数について

登録ユーザー数は同時接続数や接続するパソコンの台数ではありません。使用するためにユーザー登録する人数です。
登録ユーザー数に合わせてライセンスをご購入ください。

マルチプラットフォームライセンス

さまざまなサーバーOSで動作するマルチプラットフォームライセンスを採用しています。従って、サーバーOSを移行する場合に新たなライセンス購入費用は一切発生しません。ただし、サーバー移行後は 移行前のサーバーで「メールワイズ 5」を利用する権利はなくなります。

ユーザー数上限について

ユーザー数上限の確認方法について

ユーザー数の上限は「システム設定」メニューよりご確認いただけます。

確認手順

システム設定メニューより「ライセンス」-「ライセンスキーの登録状況」をクリックします。表示内容を確認します。

ライセンスキーの登録状況確認のイメージ
  • 購入ユーザー数(上限):今までに購入されたライセンスで一番多いご契約ユーザー数を表します。
  • 現在の契約ユーザー数(上限):現在有効となっているライセンスで登録可能なユーザー数の上限を表します。

継続ライセンスを過去のご契約ユーザー数より少ないユーザー数で更新された場合、「現在の契約ユーザー数」は「購入ユーザー数」より少なくなります。

ユーザー数を追加するときに必要なライセンス(パターン別)

ユーザー数を追加するときは、過去に購入されたユーザー数の上限と、現在の契約ユーザー数の上限によって必要なライセンスが異なります。 こちらではパターン別に必要なライセンスの例を交えてご紹介します。

パターン1. 購入ユーザー数上限まで契約ユーザー数を増やす場合

例)1年目:30ユーザー、2年目:10ユーザー、3年目の途中で再び30ユーザーに戻す場合

購入ユーザー数上限まで契約ユーザー数を増やす場合のイメージ

年度の途中で購入ユーザー数上限まで契約ユーザー数を増やす場合、継続ライセンスの差額のみで継続してご利用いただけます。継続ライセンスの価格はこちらをご覧ください。

例)上記の場合、3年目の途中で30ユーザーに増やすので、3年目の「10ユーザーと30ユーザーの継続ライセンスの差額」をご購入ください。

パターン2. 購入ユーザー数上限の範囲内で契約ユーザー数を増やす場合

例)1年目:30ユーザー、2年目:10ユーザー、3年目の途中で15ユーザーに増やす場合

購入ユーザー数上限の範囲内で契約ユーザー数を増やす場合のイメージ

購入ユーザー数上限の範囲内であれば、パターン①と同様に継続ライセンスの差額のみで継続してご利用いただけます。継続ライセンスの価格はこちらをご覧ください。

例)上記の場合、3年目の途中で30ユーザーに増やすので、3年目の「10ユーザーと15ユーザーの継続ライセンスの差額」をご購入ください。

パターン3. 購入ユーザー数上限の範囲内で契約ユーザー数を増やす場合(継続複数年パックの場合)

例)1年目:30ユーザー、2年目:10ユーザー継続ライセンスの3年パックを購入しており、3年目の途中で15ユーザーに増やす場合

購入ユーザー数上限の範囲内で契約ユーザー数を増やす場合のイメージ

継続ライセンスの複数年パックをすでに購入しており、有効期間中にユーザー数上限の範囲内でユーザー数追加を行う場合、追加を行った年度を含め、残年分の継続ライセンス差額のみで継続してご利用いただけます。継続ライセンスの価格はこちらをご覧ください。

例)上記の場合、3年目の途中で30ユーザーに増やすので、3年目と4年目分の「10ユーザーと15ユーザーの継続ライセンス(2年分)の差額」をご購入ください。

パターン4. 購入ユーザー数上限を超えて契約ユーザー数を増やす場合

例)1年目:30ユーザー、2年目:10ユーザー、3年目の途中で50ユーザーに増やす場合

購入ユーザー数上限を超えて契約ユーザー数を増やす場合のイメージ

購入ユーザー数上限を超えて継続ユーザー数を増やす場合は、購入ユーザー数上限から追加したいユーザー数への追加ユーザーライセンスと、契約ユーザー数と購入ユーザー数上限への継続ライセンス差額をご購入いただく必要があります。継続ライセンスの価格はこちら、追加ライセンスの価格はこちらをご覧ください。

例)上記の場合、3年目の途中で50ユーザーに増やすので「30ユーザーと50ユーザーの追加ユーザーライセンス」と「10ユーザーと30ユーザーの継続ライセンスの差額」をご購入ください。

注意事項

ユーザー数を追加されるときは、下記の点にご注意ください。

  • ライセンスの有効期間の途中でユーザー数追加をされる場合、追加ユーザーライセンスや 「継続ライセンスの差額」が必要になります。

    ユーザー数を追加するタイミングで有効期間が 1 年以上残っている場合、残りの年数に対して追加費用が発生いたします

次年度以降は、追加したユーザー数も含めて合計のユーザー数での継続ライセンスを ご購入いただく必要があります。